プロ家庭教師タカシ


 プロ家庭教師のタカシです。

 国語力は全学習の基礎であると考えています。





山月記 意味調べ羅生門 意味調べ



[ 国語総合の漢文 ]


[ 古典Bの古文 ]


[ 古典Bの漢文 ]

    

[ 国語総合の古文 ]


[ 説話 ]

児のそら寝絵仏師良秀
検非違使忠明・今昔阿蘇の史
羅城門三文にて歯二つ
猿、恩を知ることねずみの婿とり
数寄の楽人老僧の水練
盗人の正体正直の徳
顕雅の言ひ間違ひ観音のご加護


[ 徒然草 ]

つれづれなるままに丹波に出雲といふ所
奥山に猫またといふある人弓射ることを
花は盛りに神無月のころ
名を聞くより九月二十日のころ
高名の木登りこれも仁和寺の法師
一事を必ず成さんとをりふしの移り変は
城陸奥守泰盛は亀山殿の御池に
静かに思へば同じ心ならん人と
友とするにわろき者公世の二位のせうと
雪のおもしろう降り仁和寺にある法師


[ 伊勢物語 ]

芥川東くだり
筒井筒梓弓
小野の雪さらぬ別れ


[ 竹取物語 ]

なよ竹のかぐや姫・生い立ち
かぐや姫の嘆き
かぐや姫の昇天「かかるほどに…」
かぐや姫の昇天「立てる人ども…」
天の羽衣「天人の中に持たせた…」
富士の山


[ 枕草子 ]

春はあけぼの虫は
雪のいと高う降りはしたなきもの
五月ばかりなどに中納言参り給ひて
ありがたきものにくきもの


[ 大和物語など ]

刑部卿敦兼の北の方いみじき成敗
ゆく河の流れ沖つ白波
いはで思ふ鹿の声


[ 土佐日記 ]

門出帰京
亡児羽根(亡児)
忘れ貝阿倍仲麻呂


[ 平家物語 ]

木曽の最期「木曾左馬頭、その日の〜」
木曽の最期「木曽は長坂を経て〜」
祇園精舎富士川
坂落


[ 奥の細道 ]

旅立ち那須野
白河の関平泉
立石寺大垣


[ 本居宣長など ]

古よりも後世の秘する花を知る
盗人入りしあと田舎に古の雅言
為秀の秀歌三輪の山伝説
山吹の花ますほの穂
うひ山ぶみ落柿舎の記


    

[ 国語総合の漢文 ]  TOP


借虎威漁父之利
蛇足朝三暮四
矛盾守株
断腸推敲
塞翁馬助長
苛政猛於虎也嬰逆鱗


先従隗始臥薪嘗胆
鶏口牛後管鮑之交
鶏鳴狗盗晏子之御
完璧死諸葛走生仲達


[ 漢詩 ]

・各教科書にそって、まとめて掲載しています。

東京書籍第一学習社大修館書店
三省堂数研出版筑摩書房
明治書院教育出版桐原書店


雑説桃花源記
黔之驢売油翁
愛蓮説人面桃花
羆説復活


    

[ 古典Bの古文 ]  TOP


[ 説話 ]

小野篁広才のこと能は歌詠み
大江山・古今著大江山・十訓抄
歌ゆえに命を失ふ事(兼盛と忠見)
検非違使忠明・宇治博雅三位と鬼の笛
袴垂、保昌に合ふ事割り持ちたる鏡
安養の尼上の小袖平中が事


[ 伊勢物語 ]

初冠すける物思ひ
通ひ路の関守渚の院
小野の雪さらぬ別れ
狩りの使ひつひにゆく道
月やあらぬ 


[ 竹取物語 ]

かぐや姫の昇天「かかるほどに…」
かぐや姫の昇天「立てる人ども…」
天の羽衣「天人の中に持たせた…」


    

[ 古典Bの漢文 ]  TOP


      
先従隗始不死之薬
完璧而帰漱石枕流
創業守成野中兼山
推敲呉越同舟
嬰逆鱗知音
鼓腹撃壌莫敢飾詐
雑説戦勝於朝廷
黔之驢売油翁
助長画竜点睛
糟糠之妻塞翁馬
両頭蛇季札挂剣
畏饅頭梁上君子
病入膏肓紀昌貫虱
王昭君不顧後患
買履忘度華歆・王朗




[ 故事成語 ]

  
江南橘為江北枳 
不若人有其宝 
圉人之罪 
 子罕弗受玉


  
世説新語
 長安何如日遠
三横小時了了
蒙求
 中石没矢
  
戦国策
 唇亡歯寒
荀子
人之性悪出藍の誉れ
列子
杞憂漚鳥舞不下
不死之道 
淮南子
宋人有嫁子者 
三国志
三往乃見 
日本の漢文
所争不在米塩 


[ 文章・小説 ]

  
小説・文章
春夜宴桃李園序愛蓮説
漁父辞 
新死鬼枕中記
売鬼陸機之犬
酒虫 
 人虎伝
文章
入蜀記賢母辞拾遺
医薬談笑五柳先生伝


[ 十八史略 ]

  
十八史略
 背水之陣
 褒姒大笑
赤壁之戦宋襄之仁
水魚之交太公望
竭股肱之力出師表
乱世之姦雄刺客荊軻


[ 史記 ]

  
鴻門之会
鴻門之会・剣の舞鴻門之会・項羽
鴻門之会・はんかい鴻門之会・沛公
四面楚歌項王の最後
史記
 鴻門之会・項王暴挙
彼取りて代はるべき大丈夫当に此くの
天道是か非か 


[ 諸家の思想 ]

  
孟子
五十歩百歩 「梁恵王曰〜王道之始也。」
不忍人之心性善・性猶湍水也
仁人心也何必曰利
無恒産而有恒心者君子有三楽
民父母存乎人者
愛人不親顧左右而言他
韓非子
侵官之害法者王之本也
非愛也刻削之道
荘子
曳尾於塗中胡蝶之夢
渾沌鴟得腐鼠
木鶏 
老子
小国寡民天下莫柔弱於水
大道廃有仁義柔弱
無用之用無為之治
百谷王 


[ 漢詩 ]

  
春暁江雪
静夜思登鸛鵲楼
勧酒江南春
送元二使安西春望
月夜香炉峰下新卜山居
涼州詩望廬山瀑布
春夜洛城聞笛旅夜書懐
楓橋夜泊臨洞庭
山亭夏日贈別
登高 


  
鹿柴絶句
竹里館尋胡隠君
独坐敬亭山秋風引
宿建徳江秋浦歌
除夜寄弟妹送友人
過故人荘九月九日憶山東兄弟
碩中作別董大
峨眉山月歌哭晁卿衡
山中対酌澄邁駅通潮閣
江村遊山西村
黄鶴楼咸陽城東楼
古詩
桃夭碩鼠
行行重行行野田黄雀行
飲酒 
日本の漢詩
不出門桂林荘雑詠示諸生
冬夜読書送夏目漱石之伊予
題自画将東遊題壁
航西日記泊天草洋
款冬一枝聞旅雁
無題即事


[ 古文・未整理 ]

  
留志長者のこと伴大納言の事
 賢人右府
安倍晴明と百鬼夜行安倍晴明
 馬盗人
小大進北野の神助 
源義家衣川にて連歌 
 孝孫
 児の知恵
叡実、路頭の病者を憐む事


[ 随筆 ]

  
飛鳥川の淵瀬人の亡きあとばかり
第三十五段 
亀山殿の御池に久しく隔たりて会ひ
 ある人弓射ることを
相模の守時頼の母は吉田と申す馬乗り
よろづのことは頼む 
枕草子
春は、あけぼの村上の先帝の御時に
賀茂へ参る道に近くて遠きもの
雪のいと高う降り中納言参り給ひて
九月ばかり五月ばかりなどに
はしたなきものありがたきもの
木の花は二月つごもりごろに
すさまじきもの 


[ 物語 ]

  
大和物語
苔の衣をばすて
沖つ白波鳥飼の院
峰の紅葉葉 
方丈記
ゆく川の流れ安元の大火
今物語
やさし蔵人 
用光と白波 現代語訳・品詞分解・読み方





お問い合わせ  プライバシーポリシー  自己紹介





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter