プロ家庭教師タカシ


 プロ家庭教師のタカシです。

 国語力は全学習の基礎であると考えています。





山月記 意味調べ羅生門 意味調べ



[ 国語総合の漢文 ]


[ 古典Bの古文 ]


[ 古典Bの漢文 ]

    

[ 国語総合の古文 ]


[ 説話 ]

児のそら寝絵仏師良秀
検非違使忠明・今昔阿蘇の史
羅城門三文にて歯二つ
猿、恩を知ることねずみの婿とり
数寄の楽人老僧の水練
盗人の正体正直の徳
顕雅の言ひ間違ひ観音のご加護


[ 徒然草 ]

つれづれなるままに丹波に出雲といふ所
奥山に猫またといふある人弓射ることを
花は盛りに神無月のころ
名を聞くより九月二十日のころ
高名の木登りこれも仁和寺の法師
一事を必ず成さんとをりふしの移り変は
城陸奥守泰盛は亀山殿の御池に
静かに思へば同じ心ならん人と
友とするにわろき者公世の二位のせうと
雪のおもしろう降り仁和寺にある法師


[ 伊勢物語 ]

芥川東くだり
筒井筒梓弓
小野の雪さらぬ別れ


[ 竹取物語 ]

なよ竹のかぐや姫・生い立ち
かぐや姫の嘆き
かぐや姫の昇天「かかるほどに…」
かぐや姫の昇天「立てる人ども…」
天の羽衣「天人の中に持たせた…」
富士の山


[ 枕草子 ]

春はあけぼの虫は
雪のいと高う降りはしたなきもの
五月ばかりなどに中納言参り給ひて
ありがたきものにくきもの


[ 大和物語など ]

刑部卿敦兼の北の方いみじき成敗
ゆく河の流れ沖つ白波
いはで思ふ鹿の声


[ 土佐日記 ]

門出帰京
亡児羽根(亡児)
忘れ貝阿倍仲麻呂


[ 平家物語 ]

木曽の最期「木曾左馬頭、その日の〜」
木曽の最期「木曽は長坂を経て〜」
祇園精舎富士川
坂落


[ 奥の細道 ]

旅立ち那須野
白河の関平泉
立石寺大垣


[ 本居宣長など ]

古よりも後世の秘する花を知る
盗人入りしあと田舎に古の雅言
為秀の秀歌三輪の山伝説
山吹の花ますほの穂
うひ山ぶみ落柿舎の記


    

[ 国語総合の漢文 ]  TOP


借虎威漁父之利
蛇足朝三暮四
矛盾守株
断腸推敲
塞翁馬助長
苛政猛於虎也嬰逆鱗


先従隗始臥薪嘗胆
鶏口牛後管鮑之交
鶏鳴狗盗晏子之御
完璧死諸葛走生仲達


[ 漢詩 ]

・各教科書にそって、まとめて掲載しています。

東京書籍第一学習社大修館書店
三省堂数研出版筑摩書房
明治書院教育出版桐原書店


雑説桃花源記
黔之驢売油翁
愛蓮説人面桃花
羆説復活


    

[ 古典Bの古文 ]  TOP


[ 説話 ]

小野篁広才のこと能は歌詠み
大江山・古今著大江山・十訓抄
歌ゆえに命を失ふ事(兼盛と忠見)
検非違使忠明・宇治博雅三位と鬼の笛
袴垂、保昌に合ふ事割り持ちたる鏡
安養の尼上の小袖平中が事


[ 伊勢物語 ]

初冠すける物思ひ
通ひ路の関守渚の院
小野の雪さらぬ別れ
狩りの使ひつひにゆく道
月やあらぬ 


[ 竹取物語 ]

かぐや姫の昇天「かかるほどに…」
かぐや姫の昇天「立てる人ども…」
天の羽衣「天人の中に持たせた…」


    

[ 古典Bの漢文 ]  TOP


      
先従隗始不死之薬
完璧而帰漱石枕流
創業守成野中兼山
推敲呉越同舟
嬰逆鱗知音
鼓腹撃壌莫敢飾詐
雑説戦勝於朝廷
黔之驢売油翁
助長画竜点睛
糟糠之妻塞翁馬
両頭蛇季札挂剣
畏饅頭梁上君子
病入膏肓紀昌貫虱
王昭君不顧後患
買履忘度華歆・王朗


[ 鴻門之会・四面楚歌 ]

  
彼取りて代はるべき大丈夫此くのごとく
鴻門之会・項羽鴻門之会・剣の舞
鴻門之会・はんかい鴻門之会・沛公
四面楚歌項王の最後












Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter